3x3CHALLENGE-Officil-Blog

記事一覧(95)

GIBBON CUP開幕戦「大阪の陣」 総括

文:FREEFALL編集部 高須基一朗GW中に開催されたGIBBON CUP開幕戦についてWebコラム記事を久々に寄稿したいと思う。本誌「FREEFALL」を定期購読いただいている方には、一両日中に次号が手元に届き、GIBBON CUP開幕戦の特集記事をご覧いただける。ただ本誌ページ数に限りがあり、掲載したかった内容すべてを盛り込めなかったので、文字数に制限のないweb記事を通じて追加記事と判断して読んでいただければと思う。まず結論から言うと、大阪での開幕戦は大成功に終わった。高い身体能力と技術の応戦で名勝負が生まれ、人間ドラマが連続した歴史に残る一日であったともいえるだろう。本大会よりJSFed(日本スラックライン連盟)より新たな発表として、採点方法ルールを一部改正。本戦トーナメントより各試合ごとに得点を開示・発表することとなった。これによってヘッドジャッジ7点、サブジャッジ2名が5点と合計17点を戦う2名の選手に対して、採点基準に則り優越をつけて点数を割り振る。ジャッジ3名の採点した合計点数で、高い点数を取った選手が勝利となりトーナメントを勝ち上がっていく方式である。これによって1対1の対決において、どちらの選手に優越がついたかをはっきりと数字化した形でわかるシステムが導入されたことを意味する。選手目線で考えると、勝敗を決した結果について透明性が出たといえるだろう。まずは、ジュニア部門の男女ともに絶対王者が存在してしまっている事情について紐解きたい。開幕戦を観戦して率直に感じたこは男子ジュニア中村陸人選手と女子ジュニア岡澤恋選手の優勝を脅かす存在は、年内には現れないかと思う。開幕戦において、この二人が圧倒的な力量の差を見せつけて優勝してしまっている。これまで、ジュニア競技選手については、ジュニア同士、同じ目線のフィールドで戦うべきであるとREEFALL編集部では推奨してきたが、これほどまでに力量に差が出てしまうのであれば、ある一定数を超える優勝回数を重ねたジュニア部門の小学生~中学生の選手については、自動的にジュニア部門からオープン部門へ年齢・性別に関係なく、移行するという新たなルールを選手に課しても良いのではないかと思い始めている。そして36歳以上限定のマスタークラス。九州は福岡のトリックマスター太田朋史選手と我妻吉信選手の決勝戦の試合は見ごたえ十分だった。我妻選手の決勝戦での試合内容についてだが、全体的な競技構成もしっかりと考え抜かれており、ダブがゼロのバット・フロント・フィートなどを勝負所でクリーンメイクし、常に太田選手を一歩リードして戦い続け試合巧者であった。ただ採点判定は、17点中で9-8と、わずか1点差で我妻選手が勝利。これは確率論の話だが、例えばだが、おそらく戦う選手の力量が僅差の事情では、ヘッドジャッジが4-3、サブジッジが3-2に2-3と割れるパターンは多いと思われる。同一点数評価で、ジャッジ3名の判定が割れなかった場合であれば、上記点数の評価だった場合は、単純な足し算で10-7に割り振られる。むろん、この限りではないこともあるが、明らかに力量に差がない戦いであれば、この1点の差で判定が出た状況で考えると、ボクシングやレスリングで試合がもつれ込んだ場合に用いられる用語の「スプリット・デシジョン」であり、3名の内1名のジャッジが他2名とは違う評価でジャッジの点数を評価したケースが高いということを示唆する。ヘッドジャッジが4-3、サブジャッジが同一見解で2-3、2-3、このパターンも有り得る。力量が僅差である場合は考えにくい採点だが、5-2、2-3、2-3のパターンもあり得るだろうか。それ以外にも組み合わせは何パターンかあるが、数字ばかりを活字で載せても、ややこしい表現になるので割愛する。前提として9-8という数字で採点評価が出た場合のケースは、ジャッジ3名の判定が割れた可能性が高いと解釈するのが良いだろう。大会終わりに太田選手へ声をかけたところ、「ここで勝ちたかったんですよね…」と、一言…悔しい言葉をこぼしていた。この悔しさをバネに、次は優勝を目指して頑張ってほしいと感じている。オープン女子部門について。躍進したのは渕上万緒選手。今シーズンの国内トリックライン女子市場の今後の勝敗の行方を占う意味でも、GIBBONシリーズ戦/開幕戦で渕上万緒選手が3位フィニッシュで表彰台を勝ち取ったことは非常に大きい。須藤美青選手を相手に準決勝戦で敗戦したものの、メイソン・フリップやイラノ・フリップの大技を渕上選手がコンボで成功していたならば、決勝へコマを進めていたであろうと感じた。トリック技数の側面に目を向けた場合、他の女子ライダーと比べても頭一つ秀でている状況ゆえに、成功率さえ上げてしまえば、年内に誰も太刀打ちできない国内女王の地位へ上り詰めることも夢ではないと感じた。須藤選手に敗戦して3位決定戦へ進んだ渕上選手は、反対トーナメント準決勝戦で敗戦した佐々木燈選手と対戦。こちらも採点は、マスタークラス決勝戦 同様に9-8と割れる判定となった。おそらく割れた評価の対象として考えられるのは、佐々木燈選手のダブル・ブレンダの評価かと思う。あの技の評価一つ分が、減点対象であったかが3位の勝敗を左右しただろう。決勝戦は、栃木県出身の同郷対決となる須藤美青選手と岡田亜佑美選手。これまでも決勝戦の舞台で、幾度も名勝負を続けてきた2人だが、本大会ではフロッグ・フィートをクリーンメイクした段階で、須藤選手に軍配ありだった。昨年の日本オープン決勝戦で岡田亜佑美選手を対戦相手に、フィート技一つの武器が成功しなかったことで優勝を逃した須藤選手が、開幕戦で巻き返し借りを返した形だ。

いよいよ今年最後のビックイベントが今週末に開催!

文:FREEFALL編集部 高須基一朗国内において年内、最後のトリックライン・ビックイベントとなった「SLACKLINE FREESTYLERS2018」がいよいよ今週末8日~9日の二日間で名古屋・ポートメッセにて開催される。
 招待選手の顔ぶれも非常に豪華で、世界大会の一つと銘打つだけあって国内の猛者たちがしのぎを削って戦い、名勝負が生まれるであろうことが予想され、今から心躍る状況だ。 やはり優勝候補筆頭は、世界の第一線で戦う木下晴稀選手(レッドブル・アスリート)に、 小学生ながら国内トップ戦線の一人に地力を伸し上げ急成長の中村陸人選手。 この二人が自国開催のISI公認・国際大会で日本のプライドをかけて表彰台のトップに上り詰め「日の丸」を掲げることが出来るのかは気になるところ。 そこに、ペルーのロブレス兄弟の二人が表彰台にどう絡むのかといったところが大方の予想かと思う。 
個人的には、地元びいきにもほどがあるが都内同区/地元出身者である我妻吉信選手が、 40代にしてトップ戦線の選手たちと同一フィールドの舞台で久々に戦うので、 どこまで善戦するのかは興味深い。
 今週末、どんな人間ドラマが待っているのか!? ライブ中継・動画配信等、現段階で予定していないので是非とも近隣にお住まいの方でトリックラインに興味がある方は、会場まで足を運んで生の競技を観てほしい。  出場招待選手(順不同) ササキ アカリ(埼玉)   スドウ ミオ    (栃木)  フチガミ マオ   (愛知)  タケベ マオ    (栃木)  タグチ チナツ   (新潟)  ニシ カズコ    (埼玉)  ハヤシ エイシン  (長野)   キノシタ ハルキ  (長野)  タナカ ケンスケ  (長野)  マツモト レイ   (兵庫)  イシダ ソウマ   (兵庫)  タケベ カナタ   (栃木)  ヒラツカ ケンセイ (千葉)  クリタ ケンジ   (愛知)  ナカムラ リクト  (栃木)   ヤマグチ タカフミ (神奈川) カワイ キイチ   (神奈川)  カジタ マサノリ  (兵庫)  オオヌマ ヒロキ  (熊本)   オオヌマ ハヤト  (熊本)  オオタ トモフミ  (福岡)  ニシ ケイゴ    (埼玉)  タカシナ エイイチ (千葉県)  オオト ゲンキ   (東京)  アヅマ ヨシノブ  (東京)  ナカムラ ユウガ  (埼玉)  ローサ トクモト  (ペルー) チョーザ ロブレス (ペルー) レンゾ ロブレス  (ペルー) 

考察! 2018年9月…3週連続トリックラインの大会となるのか!?

文:FREEFALL編集部 高須基一朗アメリカにドイツと海外での国際大会のイベント期間が先週末をもって全てが終了となり、遠征中の日本人ライダーたちも凱旋帰国。いよいよ国内トリックライン・シーンも熱を帯びるシーズンが到来する!現段階で国内トリックラインのビックイベントが9月に2週にわたり開催が確定。更には、3週目の9月末にISI公認トリックラインの大会も開催があるやもしれないという未来について今回は記事にしたいと思う。 9月期のスケジュール感は以下の通りである。Full combo Japan cup2018 9月16日(日)、17日(月) 会場:小布施ハイウェイオアシス(総合公園) 第9回ギボン日本オープンスラックライン選手権大会 9月22日(土)、23日(日) 会場:二子玉川RISE 
SLACKLINE FREESTYLERS!?(ISI公認) 9月29日(土)、30日(日) 会場:CHIMERA GAMES お台場特設会場(江東区青海臨時駐車場NOP区画) 
上記のようなスケジュール感で3週にわたりトリックライン大会が行われることとなれば、 週替わりで違うルール下で国内トップ選手たちがしのぎを削って戦いを挑むこととなる。 まず、「Full combo Japan cup2018」はJSPO(スラックライン推進機構)が主幹となって新たな独自路線での公式ルールを予定。 そして、「ギボン日本オープン・スラックライン選手権」の基本ベースは従来通りのルールであろうかと思うが、ドイツのGIBBONでも、二年連続で採用しているATAルールをいよいよ国内でも利用していくのかも注目のポイントになる。
 ISIルールの後援を受けてエクスエイラーが主催でキメラゲーム内でのコンペ開催については、正式発表が待たれる状況でありながら、キメラゲームの開催日程が発表となっていることとプレス向けのリリース内容にスラックラインが演目に記載されてることから何かしらの催しが開催されることは、ほぼ間違いないだろう。また今年5月に開催の同キメラゲーム内での十代の若者を対象にした『 TRICK LINE SUPER JUNIOR CONTEST 』が開催され、上位選手が「SLACKLINE FREESTYLERS」出場権を獲得していながら、「SLACKLINE FREESTYLERS」自体のイベントが延期となっている現状から、9月末に順延スライド開催のなる可能性は極めて高いと思われる。こうして各団体の三つ巴のトリックライン大会が開催される可能性が浮上。 激動の9月の3週間となるのか!? スラックライン推進機構、日本スラックライン連盟、エクセイラーの各3団体の今後の追加発表が待たれる。 【スラックライン推進機構】

アマチュア最強の称号は誰の手に!?

文:FREEFALL編集部 高須基一朗  国内アマチュア選手の頂点を決めるスラックライン全日本選手権大会がいよいよ明日開催される。 まずはルールについてだが、日本スラックライン連盟 傘下の国内で開催されたスラックライン大会のこれまでのルールとは異なる点があるので今一度、確認の意味も込めて以下の通り、column記事で検証したいと思う。 これまでの日本オープンなどの勝敗を決めるジャッジング方式は「スラックラインの歩き方」サイトにジャッジフォーマットが10月末にアップされているので参考にしてほしい。https://slackline.jp/judgement-form/ まず、基本ベースは加点式。トリックラインの技術を点数化し、基礎点を制定。 そもそも基礎点というものの、その基礎点が開示されていないということに違和感を持ったのは筆者だけなのだろうか!? 何をもって基礎点なのかは言及されず、不透明な部分もあるが、おそらくではあるが基礎点=技ごとに算出された得点が存在するということではないかと思う。 これは、この後にも説明するがコンボで連続して技を打ちした場合は、加点対象となることが定義されていることから推察できる。 参加アマチュア選手は、一度の競技で60秒間に出来るだけ多くのトリックライン技や連続して技を繰り出すコンボを行うことで高得点を目指し、競い合うものとしている。 また特段理由がない限り、時間は常に流れているので、時間内にいかに無駄なバットバウンスやチェストバウンスを使わないで技を打ち出すかもポイントになる。 60秒間の競技は2回までチャレンジすることが許されており、どちらか高い得点を採用。 ラインは3種類の高さが用意されており、そのどれを使っても技の得点には影響はないとのこと。 また乗るラインの高さは一度、選んでしまうと60秒間は同じ高さのラインを利用し続けなければならないことも補足しておこう。身長の低いライダーによっては足のつかない高いラインで競技をした場合、ノーダビング‘(減点ポイント)となるので、難易度の高い技などは高いラインで行い。スタティック系の技のCOMBOを武器にする選手は、低いラインで挑戦するなど、状況によってラインを変えるのも得点を伸ばす要因になることだろう。 それとは真逆にトリックラインの技術に自信を持つ者ほど、高いラインで連続して技を打ち出し競技するのが好ましいのかもしれない。  競技の加点ポイントについても事前に告知されており、 第一に、高さ(ラインに立った時の腰位置より高く上に飛ぶ) 第二に、競技をするライン上での振り幅(一頭身以上前後に飛ぶ) 第三に、トリックを打ち出すうえでの空中姿勢などのスタイル(グラブ等アレンジのあるスタイル)の3つの項目を加点対象とするようだ。 コンボ(連続技)については、技の基礎点が1.2倍として計算され加点。単発よりコンボで技を打ち出す事により高得点を狙えるということになる。コンボで技を連続で出していって、最後の技で失敗しても、それ以前の技はコンボとして成立するというから時間を使わずに加点対象となるのであれば、できる限りつなげてトリック技を出すのが上位を狙ううえで必須になるともいえる。 また減点については、従来通り軽微なダビングは基礎点から減点。 重度のダビングは基礎点ノーカウントとなる。 そして、ここがもう一つ重要なポイントとなるのは、同ラウンド内での同トリック(スタイルやグラブ位置が違うものも、基礎トリック技の携形が同じであれば同一トリックと判断される)60秒の中で同トリックについて、基礎点は加算されないが、加点と減点は何度でも評価されるという。 アマチュア選手の過半数は、60秒間で打ち出す技数の少なさという問題点を解決させる取り組みの一環とも言えるだろうか。 できる技数が少なくても、時間内で同一トリックでも様々なスタイルが出せれば加点することが判断できる。 そして今回のアマチュア大会で最も重きを置くべき着眼点となるのは、ビデオ判定を採用した点だ。これまで日本スラックライン連盟と密接な関係に位置するGIBBON JAPAN社の大会で採用してこなかったビデオ判定。 これは国内でライバル社の一つに位置するSLACKLINE INDUSTRIESが採用するISIルールがビデオ判定をいち早く取り入れていたことに、業界内のすみわけとの判断から採用されなかった背景が少なからずあったからだと感じていた。 そこをあえて採用した点については、業界の発展のためにも、大きな一歩を踏み出したといえる。 ただし、前述の通り大会当日に各選手の総得点は公表すると日本スラックライン連盟は公言しているものの、各トリック技の得点がどのように基礎点に該当するのかが不透明であり、技の個別の配点については公表できないことが補足されている。 トリックライン競技を得点化することを発表していながら、すべて開示されない座組となると、得点を順位確定の判断基準にした意味合いが薄れる。一つの例をとると、体操競技やフィギュアスケートなど、加点方式の得点での競技判断は、すべての技の得点が開示されている。 それゆえに、合計点が発表されたところで、競技者は何が順位確定の決め手となり、得点につながっていたのか明確に判断できない。 本来は、得点の内訳が明確に出ることで、大会後にさらなる高みを目指す技術向上のための課題につながるわけだ。 細かな得点の内訳が発表されないとなると、競技者からしたら、自身が打ち出した技が、 加点対象になったのか?減点対象になったのか? これを開示しない限り、本当の意味で納得のいく順位付けにはならないだろう。 仮に、0.1ポイント差というように表彰台のボーダーラインを僅差で敗戦した選手は、その納得できる判断材料が少なすぎる。 日本スラックライン連盟が競技を得点化した以上、この点については改善点として、早急に改正するべきではないかと感じる。 どちらにしても明日には、国内初の日本スラックライン連盟認定のアマチュアの頂点が決まる。 参加選手は、この新ルール条件下で60秒をどういった演技構成を組んでくるのかも楽しみの一つである。   

アマチュア大会 第二弾 …ワールドクラス・カテゴリー初お披露目!

文:FREEFALL編集部 高須基一朗今年で3年連続の第3回大会目を迎えるへきなん総合型スポーツクラブ主催のスラックライン・クラス別大会。まず、なんといってもオープン部門カテゴリーでプロ参戦が許されるSクラスへのエントリー状態が気になるところ。国内での一年のしめくくり的な要素が多いGIBBON日本オープンが終わった現状で、トップライダーたちはひとまず、シーズンオフ的な期間がスタートとなる11月に、愛知県にトップライダーがどれほど集まるのかという点も興味深かった。蓋を開けてみれば、明日のプロライダー参戦は総勢5名。このプロライダー参加人数から推察するに、やはり国内スラックライン市場は、オフシーズンというのは否めないところだ。ただ、そんな状況下でも運営側は工夫を凝らしており、過去に本イベントにおいて前例の無いワールド・トップクラスという新カテゴリーを設定。明日のメインイベントの一つとして予定している。このカテゴリーでは世界のトップ戦線で戦う二人、田中輝登選手と細江樹選手が一騎打ちで三本勝負を戦うこととなる。第1ラウンドでは、スラックラック勝負。第2ラウンドでは、初心者用の低いライン。第3ラウンドでは、競技志向向けのラインで勝負。他カテゴリークラスの競技進行とは別に3本立てで勝敗を有する形となる。世界と戦う日本屈指のトップライダー二人が、がっつり技術を見せて戦うというのだから、この対決だけでも当日 生で観る価値がある。5名のプロライダーから、この2人を差し引いて、Sクラス参加者は、中村陸人選手、松本礼選手、渕上万緒選手の3人が参戦。三つ巴の戦いも楽しみの一つとなるだろう。この3人は総当たり戦で戦う。注目すべきは、ここ半年余りは大会へエントリーしていなかった渕上万緒選手が満を持して登場!9月から技術向上に猛特訓で取り組み、縦系の技であるミスティーやスカイダイブをここにきて仕上げて参戦する。どこまでSクラスで戦いきれるのかというのもポイントだろう。個人的には下馬評を覆して、渕上万緒選手に新技をメイクし、会場を盛り上げて勝ち星を拾ってもらいたいものである。11月から3月いっぱいの約四ヶ月期間は、プロライダーの大半がオフシーズン入りという状況からなのか、10月後半からアマチュアライダー達のトリックラインに対する熱量の強さがSNSなどを通じて本当に際立つ状況にある。これは、9月に開催されたフルコンボや10月の日本オープンと、立て続けに国内で数々の名勝負が生まれたことがアマチュア層のトリックライナー達に良い影響を与えている。先週に開催されたYUKIMI-CUPもでも、総勢70名のアマチュアライダーが参戦となった。盛り上げりぶりを一つの目安で例えるならば、トリックラインが国内で定着した第2回日本オープンや第3回日本オープンを彷彿とさせるほどだった。そして、なによりも注目している点は、将来性のあるアマチュアライダーが中部、関西エリアの選手層の中で、どれだけいるのかという現状を把握できることも非常に楽しみである。そしてアマチュア部門へ参戦するライダーの中から、新たなヒーローが登場することに期待が膨らむ。http://www.geocities.jp/hekinan_ssc/